はじめての失恋体験!失恋して死にかけた…

私の失恋体験は中学生から高校生に上がるタイミングでした。

 

当時の彼女とは中学2年から付き合いはじめ、もう結婚するんじゃないかという位の仲良しカップルでした。

 

 

二人とも恋愛に夢中で、いつも一緒に過ごし、周囲の事も気にせず毎日幸せに遊んでいました。

 

 

若かったからという事もあり、また、中学生で恋愛するのが早かった事もあり、私は彼女とばかり過ごす様になり、友人達とは段々疎遠になって行きました。

 

当時は恋愛にのめりこんでいましたから、それでもかまわないと思っていましたが、今考えると馬鹿な事をしたなと思います。

 

 

また、恋愛にのめりこんでいたのもひょっとしたら私だけだったのかもしれないなという風にも感じます。

 

友人を失ってしまった私は、きっと男としての魅力を失って行ったのだと思います。

 

 

そして、高校が別になり、二人の関係はあっという間に終わってしまいました。

 

まぁ、良くある話なのかもしれません。

 

 

 

当時を振り返って反省

 

この失恋は初めての経験です。

 

ですから、当時を振り返って反省してみたいと思いますが、一言で言うのなら、恋に恋しすぎていたというのが失敗の原因だと思います。

 

何というか、当時は相手を好きになる=束縛という風に考えていて、友達よりも恋人を優先みたいな考え方をお互いにしてしまい、そうやって付き合いを深めていく内に孤立してしまい破滅に向かってしまったのだと思います。

 

 

未熟だとこういう事をやってしまいがちです。

 

今考えれば、ああいう恋愛のしかたは本当にダメだと思います。

 

幼過ぎます。

 

まぁ、青春の淡い一ページという感じですね。

 

この失恋はその後の恋愛で活かす事が出来ましたから、それはそれで良かったという風にも思います。

 

 

 

今思う事

 

今はもう30代となってしまいましたから、当時の事はただただ懐かしく思うばかりです。

 

また、失恋を考えた時には、あの時ああすれば振られずに済んだのに〜とは思いますが、しかし、長い時間が経った後で考えると、あの時別れなくてもどのみち結婚する程の関係にはなれなかったと思いますし、結婚しても上手く行かないという事があとからハッキリわかりました(彼女はイケイケで結婚に向かないタイプです)。

 

 

そんな彼女の性格も当時からわかっていたはずですが、恋は盲目という感じでその事実から目をそらしていたのだと思います。

 

そう考えると、本当にその時だから出来た恋愛なのだと思います。、

 

そして、恋愛を通して様々な事を学びました。

 

 

友は失いましたが、恋愛を早い時期に体験する事が出来ましたから、彼女には感謝しています。

 

 

最後はぼろ雑巾のように捨てられてしまいましたが、それで良かったと今では思えるようになりましたので良かったです。

 

 

あ、失恋で悩んでいる人にはこのサイトがおすすめですよ→失恋後の立ち直り方!辛い気持ちを乗り越える方法・ヒント!