失恋とは一体何なのかを考える!

私の甘酸っぱい過去の失恋体験は書きましたが、失恋って一体何なのかという事を一度ちゃんと考えてみたいと思います。

 

失恋って何なのかって、シンプルに言うと、人を好きになり一緒にいたいけど、相手に拒否され振られてしまう事です。

 

 

このように書いたら泣きそうになってしまいますが、これが失恋ですね。

 

 

失恋は出来ればしない方が良いですが、しかし簡単に結婚まで行く相手なんて見つける事は出来ませんから、やはりどうやったって失恋は経験する事になってしまいます

 

別れる理由なんていうものも沢山あります。

 

 

好きでも将来が無いという事で別れる場合もありますし、遠距離恋愛になって仕方なしに別れる場合もあると思います。

 

 

相手に飽きてしまい別れる場合もありますし、相手が嫌いになり別れるという事も良くある話です。

 

 

様々な失恋の原因がありますが、一つだけ言えるのは、失恋は必ずしも悪い事では無いという事です。

 

 

別れたその時は、まだ相手の事が好きで絶対に別れたくないし、別れない方が良いと思ってしまうとおもいますが、そうした思いも時間が経てば消えてなくなります。

 

別れたという事は=一緒に居られない何かしらの理由が出来たという事ですから、それなのに自分の気持ちを押し殺したり、無理したりして関係を続けても辛いだけです。

 

 

やはり恋愛の先には結婚があるのですから、上手く行く相手と交際をして、ゴールインするのが一番です。

 

そうなれない相手との恋愛の先には失恋が待っていますが、上手く行かないから別れるという訳ですから、失恋は悪いものという風にも感じないと思います。

 

 

人間は一人のパートナーとしか一緒になる事は出来ません。

 

ですから、そういう相手を一生懸命探さなければなりません。

 

 

良き相手を見つけなければ結婚生活は辛いものになってしまいますし、結婚しない方が良かったとさえ思ってしまうかもしれません。

 

そうならない様な相手を全力で探さなければなりません。

 

 

 

失恋をしたら、その後は一生懸命新たな出会いを探す事になります。

 

ですから、別れは新たな出会いのはじまりです。

 

 

なので、どんどん失恋すれば良いです。

 

失恋は人を大きく成長させてくれます。

 

 

 

私も失恋を乗り越えて恋愛のやり方をその都度変えて行っています。

 

最初の失恋では、相手を束縛するやり方は上手く行かないという事に気が付きました。

 

 

そう思えたのも失恋を経験したからです。

 

 

失敗から学べば大きく成長出来ますし、次は上手く行く様になります。

 

そうやって成長して出会うべく人に出会って結婚するというのが理想的な流れです。